12.お買い物

2013年4月 6日 (土)

魚がめちゃくちゃ食べたいです

先日、魚のことがちらっと脳裏をよぎってから、すっかり魚を求めて三千里、な気分のわたしである。
肉より魚派になったんだなあ、と、加齢に伴う食の好みの変化を実感する次第である。

コリアンタウンのスーパーで買ったPorgyちゃんをぺろりと平らげたのに飽きたらず(その日の記事→『魚が食べたいです』)、すぐあとにWhole Foodsでタラのファミリーパックを買った。

8ドルくらいしたのに、3切れしか入ってない・・・・・・・・!!!!!

3切れなんてあっという間である。西京焼きにしたり、お吸い物にしたりで間もなく完食。
ああ、どこか、ニューヨークにお魚のサンクチュアリはないのだろうか・・・・

と、会う人みんなに、「魚、魚、魚・・・・」と言っていたら、職場の同僚が、

「アストリアにいいお店があるよ!その日入荷した魚介類を食べさせてくれるんだよー!」

三千里も探さなくてもあるんじゃん!!!もちろん、アストリアに馳せ参じました。
お店はこちら。

Elias Corner

外観の写真はYelpのページがわかりやすいのでどうぞ。
外観とか内装とかの写真があまりないわたしのiPhone、ほんと花より団子を体現している。

あ、内装の写真、1枚だけあった。

20130405t202419_13

ほんとにこの紙のテーブルクロス、エルメスなの・・・・!?!?

メニューもなくって、何があるの?どうやって料理してくれるの?値段は??というのを聞いてオーダー。
ショーケースには新鮮そうなお魚がたくさん!!!

20130405t202419_16

なんか、怪獣みたいな顔のやつがいる。
なんとなく気になったRed snapperにすることにした。
わたしの好物トップ10に余裕でランクインするイカもたのんだ。

20130405t202419_15

丸ごと・・・・だと・・・・!?!?!?!?

生まれてこのかた、ずーーーーっとイカの大ファンなわたしで、レストランでイカと見れば絶対頼んでいるけど、ゲソ部分が切り離されているとはいえ、丸ごとのフライを初めてみた・・・・!!!!!
レモンも丸ごとというのが素晴らしい。地中海の恵みですなあ!!

そして、なんとこのとき、同僚が隠し持っていたお醤油をバッグから取り出してくれたのである。
おいしいものへのあくなき追求、かっこいい・・・・!!!

同僚の持ってきてくれたお醤油をかけて食べるRed snapperちゃんの丸焼きは、ほんとにおいしいーーーーー。
ほくほくの身は鯛のようでもあり、ニジマスのようでもあり、タンパクながら、お箸が止まらなくなる素晴らしい味!(フォークだけど)
あ、写真・・・・食べるのに夢中で・・・・
鯛のおかしらつきを思い浮かべていただければ・・・・

他にもサラダとか、野菜のグリルとか、白ワインのキャラフを頼んで、1人チップ込みで30ドルくらい。はー。ごちそうさまでした。

アストリアには、ギリシャ系の人が多いらしく、こういうお店がたくさんあるらしい。さらに目につくところに魚市場とかもたくさんあって、帰り道に夫と、
「家、マンハッタンじゃなくてもよかったかもね・・・・」
と、ちょっと落ち込みながら電車に乗ったのであった。どんだけ魚好きなんだ。


数日後。
やっぱりまた魚が食べたくなってきた。

しかし、Whole Foodsのタラファミリーパックはあんまりお得じゃないし・・・・
悩んだ挙句、フラッシング(Flushing)へ行くことに。

フラッシングとは、マンハッタンの東側にある地域で、Wiki先生いわく、アジア以外の地域の中では、世界でも有数の規模のチャイナタウンが存在している。
フラッシングで育った中国人の友人いわく、マンハッタンのチャイナタウンは中国本土系の人が多く、フラッシングはもともとは台湾の人が多かったそうだが、現在はすっかり混ざり合ってしまっているそう。
ちなみに1970年代には日本人のコミュニティがあったそうだけど、今では見る影もない。
ともあれ、中国系の人たちがいるところには、日本人の求める食材がある・・・・!!!!

20130406t223318_11


看板も当たり前のように中国語である。
ちょっと駅周辺を歩いただけで、マンハッタンのチャイナタウンの巨大スーパー(参照→『輝け!ニューヨークのスーパーマーケット大賞!』)を凌駕する大きさのスーパーが見つかりまくる。
端っこから入って行って、魚売り場をチェック。

その中で、一番お魚が新鮮そうでおいしそうだったのがこちら!

20130406t223318_12

7番線のFlushing Main Streetを降りてすぐの「新世界商城」というショッピングモールの中に入っているスーパー。Jmartというらしい。

ではJmartの素晴らしい魚売り場の一部を。

20130406t223318_4

どーーーん。

20130406t223318_7

どーーーーーん。


こ・・・・ここは築地ですか・・・・!?!?

いや、わかっている。日本にいたら、このくらいなんとも思わないかもしれない。
でも、ここはニューヨーク。魚売り場がないスーパーがあるような場所なのに、この山積みの魚、さらに生簀まであるのである・・・・!!!
しかも、マンハッタンでは、Porgyちゃんが1ポンド3ドルちょっとで、安い!とか言ってたけど、ここでは、1ポンド99セント。どういうことなの・・・・!?!?!?

20130406t223318_6


見づらいけど、生きたすっぽんである・・・・
ちゃんと牙むいてた。

ほくほくしながら、タラとサケ(皮付き!!)を買った。
タラは1ポンド1.5ドルくらい、サケは4ドルくらい。ありがたすぎて、思わずいっぱい買った。

「家がこの辺だったら、毎日和食の生活ができたかもね・・・・」

とやっぱりちょっと落ち込みながら電車に揺られて、マンハッタンに帰ったのであった。
もう、わたしの世界が、完全に魚を中心に回転している。


先日、郊外に住んでいる同僚に、
「マンハッタンはたくさんお店があるから、食べ歩きとかしてるんですか?」
と聞かれた。

食べ歩きではなく、スーパー歩きしてます。(キリッ)

・・・・とは答えなかった。

そろそろ、トレンディ(笑)なカフェとかレストランとか行くべきだよなあ。

2013年3月24日 (日)

魚が食べたいです

安西先生・・・!!魚が食べたいです・・・!!!!
元ネタこちら

外食のレベルが総じて高いニューヨークだけど、

火の通った魚

が食べられる場所があまりない気がする。
お寿司や、火の通った貝とか、エビとかイカは割と見かけるんだけど。
あ、マックのフィレオフィッシュとか、最近売り出したフィッシュボールみたいのは除外ね。
フライじゃないんだーーー焼き魚とか、煮魚が食べたいんだああああああああ
大戸屋行けばいいのかな。でも混んでるしなーーー。

でもって、さあ、お魚買いましょう!って思って、スーパーに行くと、当たり前のように生の魚は売っていなかったりする
で、冷凍食品売り場に、フライのお魚が売っていたりする。ちがうって言ってるじゃん!!と心の中でつっこむ。
結構大きいスーパーでもなかったりするので、これは結構カルチャーショックである。

で、おしゃれスーパー、ホールフーズに行くも、「ええええ!?魚1尾10ドル近くするの!?!?」と、貧乏性から買えず。
冷凍のお魚のパックもあるんだけど、何切れか入ってファミリーパックとうたってるものがこれまた10ドルするし。「うちは2人家族なんだよ!!」と悪態もつきたくなる。(冷凍だからいいんだけど10ドルが・・・・)
切り身が1枚100円とかで売ってる東京、ほんとすごい・・・・とすごすごと家路に着いたのであります。

そんな中、フェアウェイで、異様に安いお魚を発見。
「Porgy」と書かれた1ポンド3ドルとかそのくらいのお魚で、これは安いお肉とかに匹敵する価格。
その時は素通りしたけど、たまたま行ったコリアンタウンのスーパーにも1尾3.5ドルくらいのPorgyちゃんがいらしたので、ついに魚欲に負けて購入。
写真を撮ってないあたり、ブログに書く資格がないように思えるけど、説明すると、タイみたいなちょっとひらべったい薄い銀色の鱗の魚である。大きさ30センチ弱くらい。

で、結局Porgyってなんだ??
iPhoneの辞書(ウィズダムの古いバージョン)で調べても出てこない。
Wikipedia先生にお聞きしたところ、やっぱりタイ科の魚の一般的な名前らしい。

もっと詳しい説明がこちらにあった。
Porgy (SeafoodSource.com)
このサイトによると、Porgyという名前は、アメリカ原住民の人たちの「肥料」という意味を持つ言葉からきているそうで、つまり捨てられちゃうようなどうでもいいお魚だった、ということらしい。
日本語だと、「ヨーロッパマダイ」と言うらしい。へえええ。
魚はほんとに種類がいっぱいあるので、調べるだけで勉強になりますなあ。

このPorgyちゃんを使って、Staubを買って以来、やりたかったあれを作るしかない!!!!
(以前の記事:『嵐のあとのセントラルパークからおしゃれ生活を目指す』

20130324t195039_1
ということで、めでたく、野菜たっぷりアクアパッツァを作ったのであった。
Staubということを証明したくて撮ったけど、Staubかもわからないし、Porgyちゃんの姿形が見えない写真ですなこれ・・・・

20130324t195902_0



お皿に盛ってみたところ。もっときれいにすればよかった・・・・
白ワインもアサリもなかったけど、塩と乾燥バジル(※ホールフーズで買った苗の下の方が枯れかけてたのでそれを使った)を馴染ませたPorgyちゃんはばっちり味を出してくれて、おいしいーーーー!!!

結構大き目のお魚だったけど、あっという間に食べつくしてしまった。
これはホールフーズで10ドルのお魚ファミリーパックを買う日も近いかもしれない。

しかし、相変わらずスーパーめぐりしまくりで、ちょっと反省しているのである。
「たまには観光っぽいことしてみるか!」と一念発起してチェルシーマーケットに行ったら、横浜の赤レンガ倉庫みたいで、そのきらきらっぷりに疲弊して、コリアンタウンに逃れたのであった・・・・

20130324t195039_0


おしゃれな廃工場デスネーーーー
中にあるおしゃれなスイーツ屋さんをスルーして、スーパーとかキッチン用品屋さんにばっかり目がいくわたし、何かが終わってると感じた。
さらに、このおしゃれタウンにノーメイクで上陸はちょっと不遜すぎた。


とにかく、このままではいけないような気がする。
「来週は絶対METに行こうね!!!」
と夫と決心した週末だった。

・・・・寒かったら行かないかも。
こんなだらりとしたニューヨーク生活いいのかな・・・・意識の高い人たちにちょっと分けてもらいたい。

2013年3月 3日 (日)

ヘルズキッチンお散歩

ニューヨークはマンハッタンの真ん中の左の方。それがヘルズキッチン

20130303t204551_20

ミッドタウンからちょっと外れただけなのに、建物が低くて空が広い。

なんでヘルズキッチン、地獄の台所(Hell's Kitchen)なんて物騒な名前なのか、というのには諸説あるそうだ。
英語Wikiによると、19世紀の中ごろから末にギャングがはびこっていて超治安の悪かったこの辺を、新聞なのか、住民なのか、誰かがそう呼びだしたらしい。
1950年代に、
「さすがにミッドタウン近くて便利だし、ヘルズキッチンって名前はないだろ!」
ということで、クリントンとかミッドタウンウェストと呼ぶようにしよう、となったそうだ。
日本語Wikiだと「元はクリントンと呼ばれていた」って書いてあるけど、英語Wikiの言い分と違うかもしれない。

今日は9th Avenueの39くらいから50くらいまでをお散歩。
9th Avenueは、別名「レストラン通り」と呼ばれているらしく、レストランがたくさん!
メキシコ、タイ、ギリシャ、中にはこれどの国の料理だろう?というようなお店もあったりして、見ていて楽しい。
ちなみに先日行ったKyotofu(京とうふ)もヘルズキッチンの北の方にある。

39Streetを9Aveから10Ave側に入ったところの蚤の市をまず探検。

Hell's Kitchen Flea Marketというそう。
ああ、そうだ、フリーマーケットってFreeじゃなくてFleaなんだよなあ、と思い出したのであった。

20130303t204551_2

後ろにそびえたつ高層ビルを無視して、道路に広がるフリーマーケット。

20130303t204551_4

レトロなキッチン用品やら、

20130303t204551_6

名前も知らない人のたくさんの古い写真やら、

20130303t204551_7

柄が気になる古着ワンピースやら(かわいい・・・・)

20130303t204551_11

古い家具屋さんやら・・・・楽しいーーーー!!!!

20130303t204551_13

赤と黒で印字できるタイプライター初めて見た。

そのほか、ほんとにここは楽しかったので、追記部分に写真をたくさん載せておこうと思う。

9Aveを北上。
ポートオーソリティの高架(?)を過ぎてすぐくらいのところに、超気になるお店を発見!
Empire Coffee & Teaとな!!

20130303t204551_16

ホワイトミントラテ、ホットアップルサイダー・・・・ですって???

もちろん入って物色した。

20130303t204551_18

コーヒー豆が無造作にうわーっと置かれていたり、

20130303t204551_17

お茶の瓶が並んでいるあたり、たまらんーーー。
ということで、最初に気になったミントラテ(3.5ドルくらい)を飲んだ。
ちょっと甘いけど、お散歩途中の休憩にはちょうどいいかんじ。
調べてみたら、ニューヨークとニュージャージーにお店があるそうだ。


9Aveに垂直に交わるStreetたちは下町風情満載でかわいい。

20130303t204551_23

外に出ている階段は非常階段だそう。
古い建物は非常階段を中に作れなくて、外に無理やりくっつけたそうで、地上につながるはしごは2Fの高さまで上げられている。
夏はこの階段でBBQをやる人もいるらしい。この広さでできるのだろうか・・・・

20130303t204551_21


自転車に乗ったおじさんの絵がかわいい自転車屋さん。

20130303t204551_22

ビルの壁にStreetの名前がで書かれた石板(?)みたいなものが埋まってる!
古い建物なんだろうなあ。

ミッドタウンってあんまりおもしろいものないしなーーと思っていたので、発見がたくさんあってよかった。
ヘルズキッチンには、あんまりスタバがないように感じる。
その代わり、マンハッタンではあんまり見かけない素朴なパン屋さんがあったり、99セントピザのお店もやたらいっぱいあったり、なんというか、街の雰囲気というものがあるエリアだなあと感じた。

古い町並みの中の食べ物屋さんは、見てるだけで超楽しいお散歩であった。
次はおなか空かせて歩こう・・・・


ということで、追記部分にはフリーマーケットの写真をばしばし貼っておきます。
オチなしですんません!!

続きを読む "ヘルズキッチンお散歩" »

2013年2月18日 (月)

ニューヨークの吉祥寺・ウィリアムズバーグ探検

今日はブルックリンのウィリアムズバーグ(Williamsburg)という場所に行ってきた。
同僚いわく、「ニューヨークの吉祥寺ってかんじですよー」とのこと。
それは行かざるをえない・・・・!

Photo_2

地下鉄のBedford駅で降りると、マンハッタンとは違う小さくて古くてかわいい建物がいっぱい。
この建物の横はワイナリーだった。ニューヨークにワイナリーってすごいなー。


お昼ご飯は、同僚おすすめのフレンチクレープ屋さん・・・・に行ったところ、さすがプレジデントデー、ばっちり休んでた・・・・

ということで、別のおすすめのROEBLING TEA ROOMという場所へ。

20130218t185227_2

わかりづらいけど、倉庫を改装した風の店内。
スモークサーモンを頼んだところ、

20130218t185227_3

どーーーーーーーん。

おしゃれティールームかとあなどっていたら、すごい量・・・・
しかしサーモンもつけあわせもおいしくて、まさかの(?)完食!
アメリカンサイズへの道まっしぐら!!

のどかな雰囲気は吉祥寺っぽくもあり、下北っぽくもあり、昔古本屋さんが多かった、という話や住宅街っぽいところは阿佐ヶ谷や荻窪っぽくもあり。(ああ、全部の地名がなつかしい・・・・)

続けて立ち寄ったのはBrooklyn Art Libraryという場所。
ここは、「The Sketchbook Project」と銘打って、世界中のアーティストからスケッチブックを寄付してもらって、貸出をしているライブラリーだそう。

20130218t185227_5

ほんの一部だけど、壁一面の棚にはスケッチブックがいっぱい!
カードを作って、貸出をするそう。


20130218t185227_4

おおおお、こういう棚、昔図書館にあったー!レトロ!かわええ!!・・・・と大興奮。
夫いわく、この棚は昔FBIが犯罪者を管理するために始めたのが起源、と言っていた。
本当かどうかは調べていない(笑)

20130218t185227_6


川沿いからマンハッタンを臨む。
同僚いわく、ハリケーンのときは、この写真の右半分(ミッドタウンから北)は明かりがついているのに、左半分(ダウンタウン)は真っ暗に停電していたそうな。

20130218t185227_8
これは駅にほど近い、mini mini marketといういろんなお店が入っている建物のすぐ横にある本屋さん、Spoonbill & Sugartown, Booksellers
アート系の本やら、古本やらが売ってて、品揃えはけっこうカオス。でもおしゃれ。
猫が2匹いるらしいんだけど、1匹しか見当たらなかったーーー。


こういうおしゃれなお店やギャラリーの合間に、こじんまりとした家がたくさん。

20130218t185227_7
   
このタイルの建物かわいいーーー!
落書きを見てわかる通り、5年くらいまでは本当に治安が悪くて怖い地域だったそう。
でも、ここのところおしゃれなお店ができたりして大人気になってきて、家賃も上がりまくりのようだ。
試しに不動産屋さんの窓にかけられた物件情報(価格)を見たけど、マンハッタンの我が家より高かった!うおー!
「やっぱり都内で一番住みたい場所は23区外の吉祥寺、みたいなものか!!」とやけに納得。

ぐるぐるお散歩してちょっと疲れたので、最後にお茶を。
Pies 'n' Thighsという、その名の通り、パイとフライドチキンのお店。

え・・・・?パイとフライドチキン・・・・???

20130218t185227_9

これまたガレージか倉庫を改装した感じの店内。
入口は小さいんだけど、中に入ると奥が広い。
ちなみに写真の上の四角く光っているところは天窓。陽射しがまぶしい!

こちらはパイが有名とのことだったので・・・・

20130218t185227_10

どーーーーーーーん。

アップルパイを頼んだらやっぱり大きかった・・・・というかてっぺんの生クリームの量・・・・

ちょっと失敗したか?と思いながら食べてみたら・・・・おいしい!!
生クリーム甘くないし、りんごは甘酸っぱくて、フィリングはサクサクだし、うおおおおーー!
いや、感動している場合ではない。カロリーは高そう・・・・
(ちなみにこのアップルパイにチェダーチーズトッピングとかもできる。どういうことなの・・・・)

パイのほかにもドーナツやら、フライドチキン屋さんということで、ケンタッキーで出てくるようなビスケットがあるんだけど、そのビスケットがケンタッキーの2倍くらいの大きさで、こりゃいかんと思いながら魅力的だった。ぐぐ。

ちなみにここで出しているOSLO Coffeeというのは、同名のウィリアムズバーグのコーヒー屋さんから仕入れているものだそうで、すっきりしていて飲みやすかった。
お豆も買えるらしいので、今のものが切れたら買いに行こうかなあ!


ということで、半日歩きまわったけど、最後にばっちりカロリー摂取したので、プラマイだとプラスになった気がする。
アメリカンサイズへの道をころがり落ちていく気分。

ちょっとアメリカンな振る舞いを見習って、走ったりしようかなあなどという考えが脳裏をよぎるのであった。
よぎっただけだけど。

2013年2月10日 (日)

輝け!ニューヨークのスーパーマーケット大賞!(2)

以前の記事に引き続き、ニューヨークのスーパーレポートを!
王道スーパーにやっと行けた感がありますはい。

--------
Citarella(★×3.5)
『The Ultimate Gourmet Super』って!!!
とつっこみたくなるけど、入口に並ぶパンからして非常においしそう・・・・!!

量り売りのチーズや、パスタもたくさん。ゴクリ。
ちょっとEatalyに似ているかんじかもしれない。

20130210t200646_2

Sarabeth's Kitchenのジャムも発見。(値段は怖くて見てない)

20130210t200646_3

このコーヒー樽はわくわくする!

・・・・が、さすがに高すぎるかなあ。
牛乳6ドルって、毎日消費するわたしたちにはさすがになーーーー!

Fairway Market(★×4)
ニューヨークに住んだらここは早めに行くべき!と言われるスーパー。
それだけあってすばらしいー!
オーガニックとそうでないものを分けて売っていて、オーガニックじゃないものはかな りお手頃。

20130210t200646_6

ここオーガニックコーナー。
DAIKON・・・・!!
よく見るとそんなに高くない・・・・?

20130210t200646_8

こちらはオーガニックじゃない方のコーナー。
積み上げ方がすごい。

20130210t200646_7


ここだけじゃないけど、ムール貝がこんな感じで売ってるのを見ると、蒸したくなる!
庶民的なスーパーと言い切っていいのかはわからないけど、確実に高級スーパーではない。牛乳も安かったし。(1ドル台からある)

ただ、安くてよさげなものをおいてあるだけあって、さすがの混み具合。
結局何も買わずに出てきてしまったーーーーー。ので★4つ。


Trader Joe's(★×4)
こちらはおそらくガイドブックにも載っている有名なややおしゃれスーパー。

20130210t200646_9

なんだろう、このアメリカーンなかんじ・・・・
いや、しかし、安い・・・・!

20130210t200646_13

このサイズの牛乳がこの価格は安いーー!
ちなみにさっきのCitarellaはこれで6ドルくらいしたからなー。いやもちろん中身がちがうんだろうけど。

20130210t200646_10

りんごも1個69セントは安いような気がするなあ。
が、まあ、安いだけあって、すごい行列。

20130210t200646_12

スーパーなのに最後尾の立札って・・・・
ドラクエApple製品の発売日ですか・・・・
これ、お店を半周したあたりに立っててほんとにびっくり。
安さにもびっくりしつつ、やっぱり何も買わなかったのであった。
こちらはFairwayよりも、お店そのものをブランドにしている感じがやっぱりおしゃれ風スーパーなのだった。
平日昼間とかのが空いてるのかなあ。
Stiles Farmer's Market(★×4.5)
ここはわたしのいちおし!
にぎやかな通りから少し西側にそれた、いわゆるヘルズキッチンと呼ばれている地域の郵便局のすぐ近くに、一目ではお店とわからないプレハブが。

スーパー大賞とか言っておきながら、ここは八百屋さんなので、観光の人は行っても全然おもしろくないのでご注意ください。

20130210t200646_17

2ポンドで1.2ドルだとーーーーー!!!
これまで紹介してきたスーパーだと1ポンドで2ドルとかするので、破格・・・・

20130210t200646_19

おしゃれさのかけらもないけど、ハーブも1ドルくらいで売ってて、乾燥ハーブ買わなくていいかもとか思ってしまう。

20130210t200646_18

たまごも安いー!12個で1.75だとーーー!
ちなみにメロンが1玉で1.5ドル・・・・すごい・・・・!

壁には、
「カリフォルニアで天候が悪くて、野菜の値段が上がってるけど、商品の価格には反映させません!営業努力で吸収します!」
みたいな決意が貼ってあったり、なんだかアツイ。
基本的には野菜と果物しかないんだけど、パンとかパスタとかオリーブオイル、トマト缶とかもちょびっと置いてある。どれも安い。
ここで買ったイタリアンクッキー(たんまり入って3.5ドル)が、そこまで甘くなくておやつにぴったり。
1枚でおなかいっぱい。

あえて難点を挙げるとしたら、鮮度かなあ。
他のスーパーでは野菜は冷蔵されているけど、ここはプレハブなので、冷蔵されているのはかなり限られたものだけ。
わたしは今のところ全然きにならないけど、夏はどうなるんだろうなあ。

--------

ということで、本日は王道とマニアックな場所を組み合わせてお送りしました☆
あと有名なところで行ってないのはゼイバーズくらいかなあ。
そのうち行ってみようー!乞うご期待!(誰向け?)



(追記2013/6/29)
スーパー情報をまとめたKindle電子書籍を作ってみました。

こちら日本のAmazon。



ニューヨーク、住んでみた。行ってみた。

こちらアメリカのAmazon。他の国のAmazonでも買えます。

アメリカに載せてるのはタイトル英語だけど中身全部日本語・・・・
Living and trying in New York City (Japanese Edition)

スーパー情報以外にもレストラン、マーケット、アプリの情報を載せてます。
もしよろしければご覧ください!

2013年2月 4日 (月)

輝け!ニューヨークのスーパーマーケット大賞!

(2014/4/26追記)
ご覧いただきありがとうございます!ブログをBloggerへお引っ越ししていますので、もしよろしければそちらをご覧ください。
また、日系スーパーだけまとめた記事はこちらをどうぞ。
3店舗について、価格比較をしています。
--------

マンハッタンは、物価が高い。
ニューヨークに安くていいスーパーはないかしら?と思い、いろんなスーパーをめぐってみることにした。

マンハッタンの物価の高さは、
「東京も物価高いしねー」
と思っていた過去の自分、ちょっと反省しろ!!というレベル。
こんなにぶーすか言っているのには理由があって、昨日、安いと噂のスーパーで食料品を買ったところ、99ドルも取られたのだ。

99ドルですよ、99ドル!!!!!!!

都内に住んでるとき、1回の食料品の買い物で1万円近くなんて行ったことない・・・・(白目)

まあ今回は生活の立ち上げで、調味料とか買ったしね・・・・と値段を見たら、巨大な塩のボトルが99セント。お砂糖も2ドル。

・・・・あれ・・・・原因は調味料じゃない・・・・?

なんだよこれーーーと思ってレシートをよーく見たら、1ドルって書いてあったセロリが2.5ドルだったり、同じく1ドルって書いてあったパスタが2ドルだったり。
あああああああ、あの値段は噂の会員限定価格だったのか、とここで気づく。
そういえば、レジでも、「このジャガイモは会員限定だから」ってはじかれたのであった。。。

悔しくなって、レシートを見た後、無言で即オンライン会員になる。
しかし、よくサイトを見てみると、「会員登録はお店でしてちょ」とか書いてある。
次回行ったときに絶対会員登録してやる!!とメラメラ闘志を燃やすわたし。
たぶんものすごい形相だったと思う。

ほんと、某ヨーロッパの、「これ今買うならわたしがクーポンあげる!」って店員さんがおまけしてくれたのとか、なつかしい・・・・

頼みの綱である安売りの殿堂、ドン・キホーテウォルマートはマンハッタンにはないことが発覚。
郊外に住めば物価は安くなるかもしれないけど、車買わなきゃいけなくなるし。うぐぐ。

ということで、なんの参考になるかわからないけど、今のところ行ったスーパーはこちら。
調子に乗って星もつけてみた。5つ星が満点!

--------
Food Emporium(★×2)
おしゃれスーパー。ほとんど(全部?)オーガニック食品らしい。
プライベートブランド商品とか、安いものもあるけど、ほとんど高い。
デリのお寿司がおいしそうだった。やっぱり高いけど。(8ドルくらい)
なんというか、小物やデリをちょいちょい買うならいいんだけど、メインにしたらお財布が怖すぎるかんじ。ううむ。。。
ただ、においの少ない洗濯用洗剤が売っていたのは素晴らしい。洗剤だけまた買うかも。
そんなに混んでないイメージ。
Morton Williams(★×3)
家族経営スーパーらしい。
最初ここに行ったときは、「たかっ!!」って思ったけど、今思えばほかのスーパーより良心的かもしれない・・・・
わたしの行った店舗はギリシャヨーグルトの品ぞろえが多くて称賛に値する。
こちらもそんなに混んでないイメージ。


D'Agostino(★×3)
家族経営スーパーその2。
ここはマンハッタンでも安いスーパーと噂されているところ。確かにFood Empoliumよりは安い気がする。
野菜の鮮度がいいし、陳列もかわいい。お手頃価格ーーー!と思ったら会員限定で99ドル・・・・
早く会員にならねば・・・・メラメラ・・・・
ちなみに大人気っぽくって、混んでる。レジ並ぶ。そしてジャガイモとられる・・・・メラメラ・・・・


Dainobu(★×4)
日系スーパーその1。
品ぞろえはツボを押さえてるかんじ。お城納豆が安すぎる。(3パックで1ドルちょっと!)
結構セールをしているのをよく見かけるし、デリもそこそこお手頃、デビットカードのミニマムチャージがない(と思う)ので好き。
ただ狭いので、ないものも多いかもしれない。


Sunrise Mart(★×3.5)
日系スーパーその2。
Dainobuよりは広くて、食料品だけじゃなくて、便利グッズとか、化粧品とかの取り扱い量も多い。
野菜も結構安いしよい。
ただ、あんまりセールをしていることを見たことがないのと、デビットカードのミニマムチャージが10ドルなので、そこで減点。


--------
ということで、99ドルの痛い出費をしたわたしですが、

「カートにそのままつっこんで買い物するのをやめたらいいんじゃないか」


ということに気付いた。
昨日も気づいたらビニール袋6袋になってたから・・・・うん・・・・


カゴを使う!カゴがなければレジ横に取りに行く!!


なんてハックでちびちび節約することにしました。はい。




(ここから2013/2/6追記)

スーパー巡りが楽しいので、アップデートしておきます。
評価基準がみなさんと全然違うかもしれないけどお許しください。


--------

Han Ah Reum Supermarket(★×2.5)
コリアンタウンのスーパー。
安さを期待して行ったら、Sunrise Martより高い!
日本の食材は仕方ないとしても、辛ラーメンも日系スーパーより高いってどういうことーーー!
野菜はそこまで高くないのと、コーン茶がほしければここに行くしかないので、この評点。
お肉はものによるかなー。なんか足元見られてる気がしちゃうんだよなあ。


Westerly(★×4)
ここは個人的にはツボ!
オーガニックなものばかり売ってるスーパーで、食材だけじゃなくって、サプリやアロマオイルとかまでカバー。
わりとよさげなアロマオイルが買える場所が発見できてうれしい。
生鮮食品はあんまり安くないけど、ヨーグルトやヨギティーが結構安くなっていたのでポイント高し。
スープが名物?なのか、おいしそう。
なぜかものすごくわくわくするスーパー。商品がぎっしり、きれーーーーいに天井まで積み上げられているからかなあ。
いやしかしここでたくさん買いすぎたらいかん・・・・魅力的だが・・・・!!

20130209t202856_8

うずたかくつみあがるスパイス!!!わくわく・・・・!!

20130209t202856_9

ヨギティーはセールだったので、ふだんは安いわけではないのかも。
ふたつ買ってしまった。グフフ。


Gristedes(★×3.5)
ここもネットの評価はまちまちだけど結構好き。
お肉が安い・・・・!!
野菜、果物もD'agostinoの会員限定安売りにはかなわないけど、わりと安い。
ということで、Westerlyで買い物したら、信号の向かいにもGristedesの支店があるので、ハシゴするのがいいのかもしれない。

--------


ということで、素敵スーパー2件が出てきました!
週末には安いとネットで噂の八百屋さん系スーパーやら、有名スーパーに行ってみようと画策中。グフフ。


あ、Yelpっていう無料サイト(アプリもある)がめっちゃ便利。
おうちの近くのお店をカテゴリごとに出してくれる。
これ、東京にもあるのかなあ。


(ここから2013/2/9追記)
がっつりチャイナタウンでスーパーめぐりをしてきたので記録をば!
あと、各スーパーの写真をちょいちょい入れてみた。
--------

東京市場 Tokyo Mart(★×3)
想像してたけど、中国系のスーパーだった。
「東京」ってつくだけあって、わりと日本のものもおいてある。
が、それもあって、ちょっとこの近辺のスーパーの中では高めかなー?
今日回った中では、Canal駅から一番近いので、歩くのめんどくさいときはいいかもしれない。
いや、でもCanalまで行ったならもうちょっとがんばったほうがいいな!


新栄食品雑貨公司 Sun Vin Grocery(★×3.5)
東京市場と同じMulberry streetにある。
東京市場より中国系の食材が多く、広くて、値段もちょっと安い。
せいろとか、お鍋とかもお手頃価格で売ってる。
せいろ6ドルだったからちょっとなやんだ!
お米も、こちらでよくお世話になる錦が7キロで15ドルくらいだったような。
まわりにはお魚屋さんとかもあってとにかく気になる通り。

20130209t202856_3

お店の名前を覚えられなくて撮った写真。


Bangkok Center Grocery(★×3)
Mulberry streetから1本入ったところにひっそりとたたずむタイ系スーパー(わくわく)。
タイラーメンは3つで1.5ドルとかで、結構安い。
あと、青唐辛子やホーリーバジル(たしか1束2ドルくらい)が置いてあったり、タイ料理を作りたくなったときはいいかもしれない。
お店はそんなに広くないけど、いろいろありそうなかんじだった。
今度タイ料理を作るつもりになってもう1回行くべきだなー。


Hong Kong Supermarket(★×4.5)
ついに見つけたサンクチュアリ・・・・・・・・!!!
地下まである広いスーパー。野菜やらお茶やらが安い!
  ・長い白菜(細め)×1玉
  ・パクチー×1束
  ・大根×1本
  ・アボカド×5個
  ・ジャスミン茶ティーバック100個入り
という内容で9ドルだった。

20130209t202856_4

ナガイモがある・・・・だと・・・・!!!

20130209t202856_5

Long Napaという名前のスリムな白菜。
ふつうの白菜はもっと安くて、1ポンドあたり79セントだった。うぎゃー。

ニンニクも4玉入り?で79セントだし、日本食で使いたくなる食材もたくさんあるし、ここは週1で買出しに行ってもいいかもしれない・・・・!
中は中国そのものの活気で、野菜の外のいらない部分葉っぱとか、床に捨ててあったりする。うむ、いいぞこの異国感!
産地とかはもちろん書いてないので、気になる人はやめたほうがいい。
で、ここから突然おしゃれスーパーに戻ります。


Whole Foods Market(★×4)
マンハッタンに何店舗かあるおしゃれスーパーのおそらく代表格。
ここはそこまで不当に高くない気がした。
プライベートブランドっぽいものがそこそこ安いからかなー。
品揃えが割と豊富で、食べ物のほかにもお化粧品とか、アロマオイルとかが売っているのがまた高得点。

20130209t202856_6

このハーブ・・・・いいわーーーーー・・・・

わたしが行った店舗には、お寿司が食べられるカウンターもあった。
レジの裏にテーブルが置いてあって、その場で買ったものが食べられるのも素敵!


EATALY(★×4)
規模が大きくてこれまたわくわくする場所!
入口にカフェとジェラートコーナーがあるのが憎い。
食に命をかけるイタリア人(偏見)の執念を感じる品揃え。

20130209t223616_1

お前そんなに白菜好きかってかんじですが。
手に入りづらいと思うので、見ると嬉しくなってしまう。

奥に入ると、食材コーナーの近くに、それを食べられるレストランがーー。

20130209t223616_0

ああ、テンション上がる。このパスタ・・・・


20130209t223616_3

そして、食べる、と。
やっぱりおいしかったーーーー。
メニューにアルデンテの説明があった気がする・・・・
パンやチーズの品揃えもさすがイタリア系!というかんじ。
いろんなスーパーを回った今思えば、そこまで高くないかも。
こだわりたいものを買うにはいいかもしれない。

--------


書いてて思ったけど、サイズが大きくなってきたので、そのうち別ページにするかも。
そのうち・・・・



ということで、続きはこちら。
輝け!ニューヨークのスーパーマーケット大賞!(2)


--------

(さらに追記2013/6/29)

スーパー情報をまとめたKindle電子書籍を作ってみました。

こちら日本のAmazon。

ニューヨーク、住んでみた。行ってみた。

こちらアメリカのAmazon。他の国のAmazonでも買えます。

アメリカに載せてるのはタイトル英語だけど中身全部日本語・・・・

Living and trying in New York City (Japanese Edition)

スーパー情報以外にもレストラン、マーケット、アプリの情報を載せてます。
もしよろしければご覧ください!

2013年2月 3日 (日)

ヨドバシカメラ進出祈願

引っ越しした後、何をどこで買うかというのを見定めるまではしばらく時間がかかるもの。
ましてや、海外だと、意外と、何がどこで買えるのかということすらわからない。
以前、某ヨーロッパの国に住んでいたときは、コーヒーを落とすやつ(ドリッパーというらしい。ペーパーフィルターで落とす、機械じゃないやつ)がどこで買えるのかわからなくて、何件お店を回ったことか・・・・(遠い目)
結局地下鉄を乗り換えて、超大きいホームセンターみたいなところで買ったんだったなあ。

今回のターゲットは電気ケトルと加湿器!

(1)巨大ホームセンター
マンハッタンとは思えない巨大ホームセンターへ。

20130203t201129_0

さすが巨大ホームセンター。置いてあるものも巨大・・・・
一応小さいサイズも見本はあったんだけど、全部売り切れだったので、加湿器はパス。
電気ケトルは発見したので購入。39ドル。
Home Depot

(2)BEST BUY
見た目は巨大電気屋さんなんだけど、品揃えはクロモノ家電というか、携帯とかTVとかゲームとかそんなの中心。
で、なぜか加湿器だけはおいてあった。なぜだ。品揃えの法則がわからない。
とりあえず加湿器購入。49ドル。
BEST BUY


(3)NYのドン・キホーテ
・・・・としか言えないようなディスカウントストアを発見!
これまた品揃えの法則がわからないんだけど、食器とか、お菓子とか、タオルとか・・・・うむ、やっぱりドンキだ。
そんなに悪そうでもないお鍋とか食器が異様に安かったので、思わず購入。イケアより安いかも!
しかしここで17ドルのよさげな電気ケトルを見つけてすごく悔しかったことは述べまい・・・
Jack's World



ついでに、スーパー2件行ったり、ほんとに買い物で1日が終了したのであった・・・・

だいたいなんでもすぐに買える日本って便利だなーと思わざるを得ない休日だった。
ヨドバシ上陸してくれないかなあ。
20130203t201129_2


ちょっと家具が増えた!!

2013年1月28日 (月)

IKEAはアメリカでは「アイキア」と読みます

晴れて引っ越し先・引っ越し日が決まったので、週末、IKEAへ行った。

調べたところ、ブルックリンにあるIKEAは、マンハッタンからフェリーで行けるらしい。


ブルックリン・・・・!!フェリー・・・・!!!!!(キラキラ)

20130127t193322_0

フェリー乗り場からブルックリン橋を臨む!
ちなみにフェリー乗り場はWall Streetの駅からちょっとブルックリン側に歩いたところ。
フェリー乗り場に行く前に、見つけてしまった・・・・

20130128t194836_0

Niko Niko Sushi!!参考

ウォールストリートの真ん中(?)にあって、親子丼が8ドルくらいだった。
あいにく、週末はお休みだった。
いや、しかしだ。同僚に、
「ブルックリンのIKEAの横にあるRed hookという公園には屋台がいっぱいあって楽しいよー!」
って言われたのでおなかを空かせて行かねばならないので、好都合とも言える。くくく。


フェリーは週末はタダで、ほぼ20分おきくらい。
平日はひとり5ドルらしいけど、IKEAでお買い物すればタダになる?みたいなことが書いてあったような。(ちゃんと読んでない)
ちなみにブルックリンに向かうときに進行方向右側の席に座れば自由の女神が丸見え!
わたしは左側に座ったので、チラ見え、くらいだった。


ブルックリンについて、Red Hook公園に向かう!
メキシカンにしようかなー、ベーグルにしようかなー、それとも今まで見たことないような国の屋台があったりしてーーぐふふ。

IKEAを通り過ぎて、隣の緑地は・・・・あれ、空き地??

どこにも屋台が見えない・・・・・・・・


地図によるとここが間違いなく目的の公園のはずなのに・・・・
まあ、前日は雪が降ったし、この日も寒かったので、出てないのかねえ、とむりやり自分たちを納得させて結局IKEAのフードコートでお昼。
メニューは日本と遜色ないけど、フライドポテトが多い気がした。


売っているものも、ディスプレイも、ピックアップも、横浜のIKEAと全然変わらない。
とりあえずほしいものをメモして、ピックアップもめんどくさいので、オンラインで買うことに。
(え?来た意味ないって?いやいや見るのが大事ですから・・・・)


しかし、これはもしかしたら失敗したかもしれない。
短期アパートに戻ってオンラインでぽちって、配達予定日を見たら、2月の中旬とか出た。
人気なのねー、と思って、今日、カードの引き落としの履歴を確認したら、に「IKEA・・・・ MD」って書いてあった。
MDって!?って調べたら、メリーランド州というところ。
どこだよ!!とさらに調べたら、ニューヨークから220マイル南西・・・・

さすがアメリカ、スケール大きいっすね・・・・

近くのお店からの配送にしたらもっと早かったかも。
ので、車のない方たちも店内で商品ピックアップまでして、お店で配送をお願いしたほうがいいかもしれない。わからないけど・・・・


帰りはチャイナタウンからリトルイタリーを散策してみた。
チャイナタウンたのしいーーーー!


20130127t193323_2

リトルイタリーからビレッジにかけては洋服屋さんがたくさん。
古着屋さんに鼻息荒くなりながらも、引っ越しの悲惨さを思い出して、買い物を踏みとどまるわたし。えらいぞ、えらい・・・・


20130127t193323_3


ショーウインドウのネコが本物でこれまた鼻息荒くなりましたとも。


--------

今調べたら、4月から10月までですって。Red HookのFood vendor。。。。

Red Hook Food Vendor

・・・・・・・・・
ということで、いい季節にIKEAに行く方はわたしの代わりにためしてくだされ!!
そしてレポートを!!(涙)

---------

ところで、いまさらGANGNAM STYLEにはまっちゃったわたしです・・・・
一時期はまってた音楽って、あとで聞くとその時の情景をうわーっと思い出したりするトリガーになるので、この曲を聴いてニューヨーク生活の立ち上げを思い出すことになるのかーと考えるともうちょっと選曲こだわったほうがいい気がする。
オッパカンナムスターイル♪

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

新しいブログへのリンク