02.家・引っ越し

2013年5月23日 (木)

ニューヨーク生活便利グッズ

おそらく、日本企業の人事異動ラッシュはもう終わったと思うのだけど、ご家族が後からいらっしゃる方に向けて、ニューヨーク生活の便利グッズをお送りしたい。

まず、生活の中で、日本とこういうところが違うという点について。

【生活の違い】

・洗濯機が家にない
→郊外のデュプレックスとか一軒家だとまた違うけど、都会のアパートには洗濯機がついていない。
これ信じない人がいるんだけどほんと。
運がよければアパートにランドリールームがあるので、そこでお洗濯。
なければ近所のコインランドリー(ちなみに英語でコインランドリーはlaundromatという)でお洗濯である。
21世紀なのに、都会なのに、「川へ洗濯に」行く気分である。アパートの配水管がしょぼいからという説がある。

・アパートの中の空調設備は整っているような気がする
→ニューヨークの冬は厳しいと聞いていたので、部屋の中が寒いかなあと思って着る毛布やらレンジ湯たんぽを持っていったのだけど、全然使わなかった。
北海道の家の中が寒くないのと一緒だろうか。
が、夏はまだ経験していないのでなんとも・・・・
同僚には「ああ、ニューヨークの夏ねえ・・・・」と遠い目をされるなどした。今後情報を更新します。


・食器洗浄機がついている家が多い
→これはすばらしい!なので、あまり食器を洗う系のものはいらないかもしれない。ただ、我が家はぼろいので、食器洗浄機がよく壊れるのであった。。。意味ない。


・雨が降ると道の水たまりがひどい
→水はけが悪いんだなあきっと。
雨はすぐ止む!とか言っている人がいるけど、いやいや、そんなことないと思う。


・カードがめちゃくちゃ使える
→クレジットカードの生活に戻るのがいやなくらい、デビットカードの通用性が高い。


ということで、便利グッズをいくつか。


【ニューヨーク生活便利グッズ】

・洗濯ネット
日本でも欠かさずに使っていたんだけど、こちらだとさらに重要な気がする。
なぜなら、上記の通り、コインランドリーで洗濯をするので、ネットが洗濯物を隠してくれる役割も果たしてくれるのである。
乾燥機も、傷んだらいやだけど、乾かしたい、というものはネットにいれたまま乾燥機に入れるとちょっと痛みにくい・・・・ような気がする。
ネットは複数枚あると便利。1:乾燥機に入れる洋服用、2:乾燥機には入れない洋服用、というように分けておいて、洗濯が終わった段階で、1だけ乾燥機に入れて、2は家に持って帰って干している。

・除菌ができる食器洗剤
布巾をアメリカの食器洗剤で洗っていたら、なんだかにおいがするような。
日本で同じことをしていたときはにおいがしなかったのに?と思って、ためしに日本の除菌ができる○○みたいな食器洗剤を使ったら、においがなくなったのである!
毎日洗濯に行くのは大変なので、これは結構うれしい発見。日本のテクノロジーすごい。


・肩にかけられる大きい袋
100円ショップとかでも買えるような、大きながさがさしたプラスチック系の丈夫な袋。
我が家はIKEAのレジ前で帰る大きな青い袋を愛用中なんだけど、日本のあの袋だったらジッパーもついていたような?
これまたお洗濯用。お洗濯に行くときはネットに入れた洋服をこの袋に入れてコインランドリーへ。
かごよりも肩にかけられる水がしみない軽い袋の方が便利な気がする。


・長靴
ニューヨークだと、やっぱり水たまりが深いからか、はいている人が結構多い。東京よりも多いかも。
もちろんニューヨークでもおしゃれ長靴が買える。


・折りたたみ傘
ほんと、ニューヨークの折りたたみ傘は「たたんだときは大きく、広げたときは小さい」という、ああ、収納に関してはアメリカンサイズなのね・・・・みたいな微妙な気持ちになるもの。
しかも壊れやすい。
日本の折りたたみ傘の圧縮率や丈夫さ、軽さはすごいなあと思う。


・カードケース
Suicaはないけど、本当にカード社会なので、薄いカードケースに、メトロカード、銀行ATMカード(デビットカード)、クレジットカードとちょっとの現金を入れておけば、結構平気で数日間生活できる。
しかしこれはニューヨークの栄えている場所だからであって、うっかりこのノリでブロンクスやフラッシングのローカルなお店に行って、ATMに走る!とかなるので、そこは注意が必要かも。
さらにたまにメトロカードが切れているのに、券売機がカード受け付けなくて、現金もなくて・・・・という悲しいことにもなりがちなので、10ドルくらいはもっておこう・・・・といつも自分に言い聞かせている。


どなたかの参考になれば幸いです。

2013年4月 7日 (日)

このブログへの検索キーワードに勝手にお答えしちゃおう!のコーナー

わたしが使っているココログのブログサービスは、無料で検索キーワードが見られるのだけど、それがなかなか面白い。
どんな言葉で検索したかということからその人の興味が窺えて、おもしろいなあと思うとともに、「ああああ、このブログに当たっちゃってごめんなさいね」と思うものも多々ある。

ということで、今日はわたしの琴線に触れた検索キーワード・フレーズにお答えしよう!のコーナーを勝手に開催したい。
一応、記事の中でジャンルを分けておこう。
太い青字が検索キーワードです。



1. ニューヨーク生活・引っ越し・事務処理
関連(ちょっと観光含む)

「ny生活 おしゃれキッチングッズ」

→Williams Sonoma、Create & Barrel、FISHS EDDYあたりはどうでしょうか!
(参考:『嵐のあとのセントラルパークからおしゃれ生活を目指す』

「ssn 捨てた」

→ぎゃーーーー!これは焦るかも。再発行ですな。
SSN関連は結構検索ワードで多いので、これまでかかった時間とかを書いておくと、わたしは申請してほぼ1週間後に入手。
しかし、一緒に申請した夫のSSNは、2か月経過したけどまだ来ない(笑)
おそらく、労働許可も一緒に申請しているからだと思われる。
しかし、SSNは嫌な思いをする人が多いからか、会社で会う人に「SSN取れた?」って結構よく聞かれる。
こちらもご参考まで。
『SSN申請の洗礼』
『SSN最短所要時間選手権にエントリー!』


「船便でHDDの中まで見られる」

!?!?
コンテナに入れるから、わざわざほどかないのでは!?


「ニューヨーク ミッドタウンウエスト 9ave. 治安」

→おうち探し中でしょうか。わたしは9Aveの周辺はかなり大好きなエリア!
古い建物や、個人経営のお手頃でおいしい特色あるレストランがたくさんあって楽しい。
勝手に、中央線沿線を思い出してほろりとくる。
しかし、ちょっとにぎやかだし、学区もあまりよくないから、お子さんがいるとあんまりねーというのはよく言われている定説。(責任は持ちません)
(参考:『ヘルズキッチンお散歩』)


「マンハッタン BESTBUY 電気ケトル」
→前にも書いたけど、BEST BUYにはいわゆる白物家電はあまりない!
電気ケトルもなかった気がする。お店によるかもしれないけど。
Home Depotと、我々が「ニューヨークのドン・キホーテ」と呼んでるJack's Worldとかどうでしょう!
(参考:『ヨドバシカメラ進出祈願』


「NYでお茶碗」
「お弁当箱 nyc どこで」

→デザインにこだわらないなら、チャイナタウンの怪しい道具屋さんへ!フラッシングならさらに安い。(参考:『魚がめちゃくちゃ食べたいです』
高いけどMUJIでも買える。


「マンハッタン ニンテンドー3DS 集まり」
→Nintendo Worldでリア充っぽい人に、「StreetPass NYC」というコミュニティを教えてもらった。
まずはNintendo Worldに行ってみるのはどうだろう!
わたしはあそこのお店と、店長のファンである。仕事熱心でいろいろな工夫を常にしていて、本当にすごいと思う。
(参考:『金曜日はNintendo Worldの日!』


「ミッドタウンのスーパーで買い物してる人 どこに住んでるの」
→ミッドタウンじゃ!?
あの辺無味乾燥なので、意外と家賃が安いところがあったりもするのである。
40件以上アパートを見た感じだと、特に東側はわりとお手頃。
(参考:『家を探して三千里』


「チャイナタウン ny 東京市場」
→こちらをご覧ください。(『輝け!ニューヨークのスーパーマーケット大賞!』
東京市場はちょっと高いかなー。マンハッタンのチャイナタウンなら香港市場が好き。


「ニューヨーク 牛乳の価格」

→Whole Foodsの自社ブランドの牛乳がハーフガロン(1.8Lくらい)で1.9ドルなので、我が家はこちらを買いだめ。
たしかに買うところを選ばないと平気で3ドルとかして泣きそうになる。

「ニューヨーク 行くべき」
→エンパイアステートビルにも自由の女神にもまだ行ってないわたしがおすすめする場所、それはずばり食べ物屋さん!

num pang(カンボジアサンドウィッチ)
-ここは愛しすぎててこれまでブログに書いていなかった場所。
どれを食べても本当に感動もの!!フランスパンみたいな固めの香ばしいパンに、メインの具材と千切りの人参、パクチーがふんだんに入っている。
お気に入りはFive-spice glazed pork bellyサンド。洋ナシのピクルスが入ってるっていうこれまで食べたことのない素晴らしい味。
グランドセントラル駅の近くにも支店があるので、観光の人も近くのスタバとかマックとかプレタマンジェとか入らないで、ぜひ試してほしい!
食べるところが狭いので、近くのOpen to publicのビルのロビーが開放されている場所とか、ブライアントパークとかで食べてもいいと思う。

Ageha sushi(ジャパニーズフュージョン)
大好きなエリア、ヘルズキッチン、9Aveのお店。(参考→『ヘルズキッチンお散歩』)
多分タイ系の人がやっているのかな?お手頃なのにけっこうちゃんとお寿司がおいしいし、店員さんもすごくフレンドリーで居心地が良くて好き。
ドラゴンロールという、アボカドでご飯を巻いたものがおいしいーー。
こちらは日本在住の観光の人たちは行く必要ないかも・・・・



2.英語関連


「英語が出来ない人はなぜ英語が出来る人を酷評する」
→わたしはキーワードの組み合わせで検索するので、こういう、文章で検索する人が結構多いということに気づかされて、まずそれにびっくり!
で、本題ですが、酷評ではないけど、よく、「英語だけできてもねえ」みたいな批判みたいなのを聞くことはありますねえ。
なぜかって、ひがみの場合もあるかもしれないけど、英語が上手だけど、仕事をうまく処理したり、進めるうえで英語が役立ってない人にはそういう批判がくるのかもしれない。


「英語ができない夫」
→もしニューヨークにお住まいでしたら、図書館の無料英会話クラスなんてどうでしょう。(参考:『ハーレムの雰囲気≒パリのメトロの雰囲気』
もし日本にお住いでしたら、こちら、わたしがいいなあと思っている英語本です。今後追加していきます!!


「toeic900 英語力 会話」
→こちらをどうぞ。(『TOEIC900点の世界(一例)』
某外国語検定の面接官をやっている友達が、
「どういう風に勉強したかで会話の力が全然違っておもしろい」
というようなことを言っていたので、これはわたしの一例でしかないけど、参考になればうれしいなあ。



3. 駐在関連


「海外駐在員 責任者 仕事していない」
→いたたたたたた、こ、これ、わたしのことじゃないと思いたい。


「職場で人気のある駐在員」

→なりたい・・・・方法あったら教えてほしい・・・・


「駐在 仕事ができる夫」
→これはどういう意図なんだろう・・・・

あれかな、旦那さんが駐在になったから、社内での立場とかが心配な奥さんのぐぐりだったりするのかな・・・・
よく駐在員は出世しないとか海外回されるとか言うもんねえ。


「駐在員 現地採用 見下す」

→これは、東南アジアの駐在員の人でそれっぽい態度をとっている人を見たことがある。
あと、何も考えずに駐在だからセレブ生活~♪みたいなことを言いまわっているちょっとアレな人は見たことある。
やなかんじですよね。無視だ無視!


「駐在 セレブ 2013」

→とか言ってたらこんな検索ワードが・・・・
駐在期間にセレブだとしても時限だぞ。日本帰ったらワンルームで缶ビールだったりするんだぞ。
ぐぐ、わたしが駐在でもセレブ生活してないから悔しいってわけじゃないんだからねっ!!

4. 仕事と家庭生活、考えたこと関連

「子供を産む事はリスクでしかない」

→そんなことないと思うので、子供を育てたいと思うけどな。
リスクでしかない、っていうのはどういうことなんだろう。仕事とか?そんなのよほどの人じゃなければ代わりがいると思う。


「結婚 別性 裏ワザ」

→そんなのあるの!?教えてほしい!!
現時点での裏技は、あれじゃないのかな、外国人と結婚することじゃないのかな(笑)
あ、パスポートは旧姓も入れられるし、旧姓+名前で航空券を取れるので、特に仕事で必要な人はぜひ試してみてほしいなー。
こういうことをやる人が多くなることで、夫婦別姓がかなえられるんじゃないかなと期待している。(参考:『ゆるやかな夫婦別姓大賛成!』


「グローバル人材(笑)」
→仲間よ!!!!(笑)
グローバル人材、ってわたしには「(笑)」をつけずには書けない単語であります(笑)
ちゃかしてすみませんだけど、なんというか、TOEIC900点以上!みたいなどうでもいい目標より、カルチャーショックにたくさん遭遇して、それを受け入れていく、という経験が大事なんじゃないかなと思う。
(参考→『「いただきます」は英語でなんて言うの?』


「専業主夫現状」
→元気です。うちの専業主夫(現状)。早くSSNと労働許可出ないかなーって言ってるけど。


「息子が専業主夫に、いいのか?」
→悪いのか?いいと思いまーす!
いろんな生き方、働き方があって、いろんなことを選べる世の中になるのってすばらしいと思う。
息子さんが生きている時代は、男性なら誰でも終身雇用の右肩上がりの職につけて、妻子供を養える、という時代ではないので、ふたりの職業や収入を比較して、その時々で合理的な判断をしていいんじゃないだろうかとわたしは思う。
(参考→『専業主夫でも主婦でもいいじゃない』 『やっぱり不安になっちゃう、一馬力だもん』


5. その他

「日本人 イギリスでカルチャーショック」

→お肉の上にかかってた茶色いソースに本当に味がなかったこと。
以前イギリスに住んでいた夫に聞いたところ、
「スタバでコーヒー1杯買うのにカードを使うレベルのカード社会」
との回答でした。(参考→『のらねこ紀行』


「おしゃれな奥様の日常生活」

このブログに到達されてしまったことに、心からお詫び申し上げます・・・・


お後がよろしいようで。

2013年2月24日 (日)

荷物は着けど、(大事な)物がない

2日ほど前、金曜日に日本から手紙が届いた。
Nintendoではしゃぐ数時間前のこと。)

電子メールじゃなくて手紙。
最近見ないよねえというような青と赤のしましまのAIR MAILって書いてある封筒が届いたのである。
中身を見てみると、前、東京にいたときに住んでいた家の大家さんから。
敷金と家賃の清算書と、結構長文の手紙が入っていた。
あまりに感動したので、一部をここに書いておきたい。

世界を舞台に素晴らしい人生を謳歌して下さい。

そして、多くの思い出と共に、新しい技術、技能、ノウハウで日本の再生、発展に尽くされることを期待しております。

ただの店子のわたしたちに、なんというありがたいお手紙・・・・
こういう出会いを大事にしないといけないんだなあ。
筆不精だけど手紙を返そう。

・・・・ということで順調にホームシックになっております。
ううう。あの街に帰りたい。


同じ日に、日本から送った船便が届いた。
前の家から送り出したのが1月15日なので、1か月と1週間くらい。

これで人並みの生活ができるーーー!

・・・・と思いきや、いろいろ入れ忘れていたり、あー、あれ持ってくればよかったなあ、というものが続出しているので、まとめておく。

-------

(1)お茶碗とお椀

入れたつもりだったのに、入ってなかったーーーーー!!!!
お箸は入っていたのに・・・・
ニューヨークは困った時の無印や、中華街があるから大丈夫だったけど。。。
お味噌汁をスープを入れるようなお皿に入れて食べる(飲む?)のはちょっとさみしい。

(2)お弁当箱
あれーーーーー、これまた入ってなかった。
無印で買った小さくなるタイプのなので、まあ無印で買いなおせばいいんだけど、25ドルは悩む・・・・!
引き続き、ジップロックコンテナー的なものでしばらく我慢しようかなあ。
日本でいくらだっけ?と思ったら1600円だった。うーむ・・・・
ちなみにサーモスのタンブラーやスープコンテナーは来てた。よかった。。。

(3)こっちで買うとやたら高い電化製品
こちらは家電が高いような気がする。
あと、かわいくない・・・・というかでかい。

先日、ヨドバシカメラが上陸しないかなーーと言っていたんだけど(参照)、同僚いわく、Amazonに駆逐されて、ああいう家電量販店は虫の息だそうで、唯一残っていると思しきBEST BUYもかなり経営状況が苦しいとのこと。

今、激しく買ってくればよかった!と思っているのは、無印のアロマディフューザー
電化製品は電圧違うしなーと思いきや、日本語の札がついてる製品がこちらでそのまま売っていたよ・・・・(ちゃんとスペック見ろって話ですね、技術系会社員なのに・・・・)

ちなみにこのアロマディフューザー、値段を調べたら、
日本だと4900円
アメリカだと69.50ドル+税金(NYだと9%くらい・・・・)。
お給料ドル払いで、すっかり1ドル100円の感覚で生活しているので、ちょっと悩むレベルの差だなあーーー。

あと、外付けSSDとかHDDもこっちだと高い気がするので、日本が恋しい。
とか言うとデフレだからだとか怒られそうだけど。

-------

ということで、(1)~(3)のような、自分がこだわるものはやっぱり日本から持って行ったほうがいいかもしれないなあ。
が、こだわりすぎると荷物が多すぎて送料や整頓が大変なことになるので、取捨選択は大事だなあ。
やっぱり物を少なめに、シンプルに生活したいものだ。


・・・・と言いながら、今日、お茶碗とお椀を買いに行ったMUJIで、セールにつられてパンツ(下着じゃないよ)を買ってしまった。

も、もう買わないよ・・・・もう・・・・

2013年2月 3日 (日)

ヨドバシカメラ進出祈願

引っ越しした後、何をどこで買うかというのを見定めるまではしばらく時間がかかるもの。
ましてや、海外だと、意外と、何がどこで買えるのかということすらわからない。
以前、某ヨーロッパの国に住んでいたときは、コーヒーを落とすやつ(ドリッパーというらしい。ペーパーフィルターで落とす、機械じゃないやつ)がどこで買えるのかわからなくて、何件お店を回ったことか・・・・(遠い目)
結局地下鉄を乗り換えて、超大きいホームセンターみたいなところで買ったんだったなあ。

今回のターゲットは電気ケトルと加湿器!

(1)巨大ホームセンター
マンハッタンとは思えない巨大ホームセンターへ。

20130203t201129_0

さすが巨大ホームセンター。置いてあるものも巨大・・・・
一応小さいサイズも見本はあったんだけど、全部売り切れだったので、加湿器はパス。
電気ケトルは発見したので購入。39ドル。
Home Depot

(2)BEST BUY
見た目は巨大電気屋さんなんだけど、品揃えはクロモノ家電というか、携帯とかTVとかゲームとかそんなの中心。
で、なぜか加湿器だけはおいてあった。なぜだ。品揃えの法則がわからない。
とりあえず加湿器購入。49ドル。
BEST BUY


(3)NYのドン・キホーテ
・・・・としか言えないようなディスカウントストアを発見!
これまた品揃えの法則がわからないんだけど、食器とか、お菓子とか、タオルとか・・・・うむ、やっぱりドンキだ。
そんなに悪そうでもないお鍋とか食器が異様に安かったので、思わず購入。イケアより安いかも!
しかしここで17ドルのよさげな電気ケトルを見つけてすごく悔しかったことは述べまい・・・
Jack's World



ついでに、スーパー2件行ったり、ほんとに買い物で1日が終了したのであった・・・・

だいたいなんでもすぐに買える日本って便利だなーと思わざるを得ない休日だった。
ヨドバシ上陸してくれないかなあ。
20130203t201129_2


ちょっと家具が増えた!!

2013年2月 2日 (土)

家を探して三千里

この週末を使って、これから数年間住むであろう新居に引越しした。

アメリカというと、どーーーーーんという感じの広い邸宅を思い浮かべるのだけど、ここはマンハッタン
そんなに甘くなかった・・・・

そもそもマンハッタンって、山手線の内側くらいの面積しかないらしい。

ふむ・・・・中央線の新宿より先とか、埼京線の池袋より先とか、総武線の秋葉原より先とかをそぎ落としたら、東京ってちっちゃいよねえ。
と思って、ちょっと図を作ってみた。

Photo

うん、まあ、妥当かも。
で、この図を作ってみて思ったけど、ニューヨークって、ぐるっとまわる電車がない。
あったら便利・・・・でもないかな。別に。
(図にニューヨーク、と書いてしまったけど、マンハッタンの間違いです!)

おうちを決めるという作業は楽しいという人もいるけど、わたしは決まるまでけっこうつらかったなー。
わたしは会社が紹介してくれた日系仲介業者さんにお願いしたんだけど、うまくやりとりするのはすごく大事だと思った。

ということで、こうした方がいい、と思ったことを記録しておく。
エリアのこともいろいろ書きたいので、そのうち。


~マンハッタンで仲介業者さんにお願いして賃貸アパートを探すときのメモ~
(1)希望、予算をしっかり伝えること
わたし最初何も知らなくてセレブな地域をありえない予算で言って、「ぷぷっ」てされたりした。(被害妄想)
まあ、でも、それはいいと思う。鉄は打たれて強くなる!
これは日本でも一緒だと思うけど、自分のおうちの優先順位は決めておくべきだなー。

我が家で大事と思っていた条件は、
 ①夫の作業スペース(=広さ、間取り)
 ②エリア
の2つだけだった。

・・・・のに、40件見ているところがポイントね、うん・・・・

(2)ちょびっとCraigslistとかを覗いておくこと
Craigslistというサイトで現地の人たちはおうちを探すそうなので、ちょっと見ておくと雰囲気がつかめるかもしれない。
appartmentというところから、業者が出しているものや、大家さんが出しているものが見られる。
なんとなく相場とか、よくある家の間取りとかがわかるかも!
しかしChelseaって入れてるのにFinancial Districtの物件が出てくるのは「あー!」って思う。なんとかしてほしいなーーー。


(3)そんなに急がなくていい
人によっては、
「マンハッタンは空室率が低くて、すぐに決まってしまうので、早く決めた方が・・・・」
と言われるかもしれない。
けど、たとえば最初の日にいくつか物件を見たんだとしたら、そこがぜーーーーーんぶだめになるってことは考えづらいんじゃないだろうか。さすがに。

なので、ものすごく気に入って、ここを逃したら惜しい!というところに出会ってなくて、「あー、ここでもいいかー」くらいのところが複数あったらそんなに急がなくていいような気がした。
ハイシーズンは多分日本からの駐在員がうわーーっとくる4月と9月の学期始まりシーズンらしいので、逆に言うとそれ以外のシーズンの人たちは焦る必要ない気がする。

(4)見つからなかったら複数の業者さんにお願いすること
白状しますと、最初の業者さんと趣味が合わな過ぎたのがこんな記事を書こうと思ったきっかけ。
ニューヨークには、いわゆる「チューザイ」用の「ラグジュアリーレンタルマンション(笑)」がいっぱいあって、たぶん、会社が家賃をいくらか払ってくれるので、と言ったらたいていそういうところを紹介されると思う。
どのくらいの人がこういうすごいマンションが好きなのか、嫌いなのか、わたしにはわからないけど、わたしは嫌い。

嫌いだから、
「ロビーは豪華じゃなくていいです。ジムはなくていいです。なんならドアマンいなくてもいいです」
って言ってたのに、延々同じようなラグジュアリーレンタルマンション(笑)を紹介してきたんですよ、最初の業者さんは・・・・

もうニューヨークにはこんなおうちしかないのか・・・・とあきらめかけていたときに、次の業者さんは、超好みのおうち(豪華すぎない、古くて雰囲気がある、エリアがいい、etc.)ばっかり紹介してくれたという・・・・!!
手動エレベーターとか、木の回転扉とか!!もうヨダレもの!!!!
家さがしは自分の趣味に合う担当の人を見つけるのが大事だなーと思ったのであった。

ちなみに、ニューヨークでは、
「最初に案内した仲介業者がほぼ契約を取れる」
という定説があるっぽい。
なので、自信のない人ほど、きっと、「最初にたくさん案内する」ことに全力をあげてくるのではないだろうか。
もしその人の紹介する物件が気に入らなかったら、何十件見ようが負けるな、と言いたい。
(これ業者さんが読んだら怒るかもしれない・・・・噂なので許してください☆)
------------------
ということで、紆余曲折あって、すてきな担当の人に出会えたわたしたちは、悩んじゃうくらい素敵な家の選択肢の中から、今の家を選ぶことができて、本当によかった。


慣れない土地でも、自分の勘を信じて、負けるな!!(家さがしを)


という暑苦しい言葉で今日のブログを締めたい。

20130202t224523_2

まだ何もなくてこんな状態でブログ書いてたら疲れた。

2013年1月28日 (月)

IKEAはアメリカでは「アイキア」と読みます

晴れて引っ越し先・引っ越し日が決まったので、週末、IKEAへ行った。

調べたところ、ブルックリンにあるIKEAは、マンハッタンからフェリーで行けるらしい。


ブルックリン・・・・!!フェリー・・・・!!!!!(キラキラ)

20130127t193322_0

フェリー乗り場からブルックリン橋を臨む!
ちなみにフェリー乗り場はWall Streetの駅からちょっとブルックリン側に歩いたところ。
フェリー乗り場に行く前に、見つけてしまった・・・・

20130128t194836_0

Niko Niko Sushi!!参考

ウォールストリートの真ん中(?)にあって、親子丼が8ドルくらいだった。
あいにく、週末はお休みだった。
いや、しかしだ。同僚に、
「ブルックリンのIKEAの横にあるRed hookという公園には屋台がいっぱいあって楽しいよー!」
って言われたのでおなかを空かせて行かねばならないので、好都合とも言える。くくく。


フェリーは週末はタダで、ほぼ20分おきくらい。
平日はひとり5ドルらしいけど、IKEAでお買い物すればタダになる?みたいなことが書いてあったような。(ちゃんと読んでない)
ちなみにブルックリンに向かうときに進行方向右側の席に座れば自由の女神が丸見え!
わたしは左側に座ったので、チラ見え、くらいだった。


ブルックリンについて、Red Hook公園に向かう!
メキシカンにしようかなー、ベーグルにしようかなー、それとも今まで見たことないような国の屋台があったりしてーーぐふふ。

IKEAを通り過ぎて、隣の緑地は・・・・あれ、空き地??

どこにも屋台が見えない・・・・・・・・


地図によるとここが間違いなく目的の公園のはずなのに・・・・
まあ、前日は雪が降ったし、この日も寒かったので、出てないのかねえ、とむりやり自分たちを納得させて結局IKEAのフードコートでお昼。
メニューは日本と遜色ないけど、フライドポテトが多い気がした。


売っているものも、ディスプレイも、ピックアップも、横浜のIKEAと全然変わらない。
とりあえずほしいものをメモして、ピックアップもめんどくさいので、オンラインで買うことに。
(え?来た意味ないって?いやいや見るのが大事ですから・・・・)


しかし、これはもしかしたら失敗したかもしれない。
短期アパートに戻ってオンラインでぽちって、配達予定日を見たら、2月の中旬とか出た。
人気なのねー、と思って、今日、カードの引き落としの履歴を確認したら、に「IKEA・・・・ MD」って書いてあった。
MDって!?って調べたら、メリーランド州というところ。
どこだよ!!とさらに調べたら、ニューヨークから220マイル南西・・・・

さすがアメリカ、スケール大きいっすね・・・・

近くのお店からの配送にしたらもっと早かったかも。
ので、車のない方たちも店内で商品ピックアップまでして、お店で配送をお願いしたほうがいいかもしれない。わからないけど・・・・


帰りはチャイナタウンからリトルイタリーを散策してみた。
チャイナタウンたのしいーーーー!


20130127t193323_2

リトルイタリーからビレッジにかけては洋服屋さんがたくさん。
古着屋さんに鼻息荒くなりながらも、引っ越しの悲惨さを思い出して、買い物を踏みとどまるわたし。えらいぞ、えらい・・・・


20130127t193323_3


ショーウインドウのネコが本物でこれまた鼻息荒くなりましたとも。


--------

今調べたら、4月から10月までですって。Red HookのFood vendor。。。。

Red Hook Food Vendor

・・・・・・・・・
ということで、いい季節にIKEAに行く方はわたしの代わりにためしてくだされ!!
そしてレポートを!!(涙)

---------

ところで、いまさらGANGNAM STYLEにはまっちゃったわたしです・・・・
一時期はまってた音楽って、あとで聞くとその時の情景をうわーっと思い出したりするトリガーになるので、この曲を聴いてニューヨーク生活の立ち上げを思い出すことになるのかーと考えるともうちょっと選曲こだわったほうがいい気がする。
オッパカンナムスターイル♪

2013年1月20日 (日)

反省だらけの引越し ~事前準備編~

今日は、数年前に知り合った友人夫妻とお子さんと一緒にチェルシーのベトナム料理屋さんに行きました!
久々の友人とNYで再開できるなんてほんとに嬉しいなーーー☆
ほんとに世界は広いけど世間は狭いよねーと思うわけです。
相変わらずホームシック真っ只中だけど、復活しました!単純なんで!

ということで、引越しエントリーの続きを!鉄は熱いうちに!わたしは記憶があるうちに!(新陳代謝抜群です)
先日はわたしが大失敗した荷物の仕分けについて詳しく書いたけど、今回はもうちょっと反省したことをとりとめなく書き残しますぜ。

-------------


1.すぐにできること、特に事務処理はできるものからやっておく

特に事務処理で思い当たるのはこの辺です。

(1)郵送が必要なもの

(2)役所系の手続き(戸籍謄本、住民票などの取得や、年金事務所、税務署etc.)

(3)ライフライン等定期契約しているものの解約、プラン変更(携帯、インターネットプロバイダ含む)

わたしは某機関に出す住所変更届をずーっとやらなきゃと思っていながら、後回しにしすぎて、もろもろで結局できなくなっちゃって、最後の最後に成田の郵便局で書類を送る羽目に・・・・
特に郵送系はほんとめんどくさいけど、早くしないと糊とか文房具とかもダンボールに入れて業者さんが持って行ってしまうので、ほんとに余裕があるうちにやればよかったなーと反省です。
両替とかおみやげの手配とかもここに入りそうな気がする。
電気、ガスは早すぎると困るかも。冬だったので、荷物の搬出が終わったあとのお掃除でお湯が使えなくて手が冷たくて涙目になりました。あはは・・・・


2.荷物搬出前に大掃除レベルのお掃除をしておくこと

掃除機や掃除用品も送るかトランクルームに預けちゃうわけですよ!!
これ盲点。なので、手を使った雑巾がけとかスポンジでこするとか、そんなことしかできなくなってしまう・・・・
なので、できれば引越し前に大掃除レベルのお掃除をして、荷物の搬出が終わった後にはざっとすませるくらいにできればいいんじゃないかなあ。
まあわたしが日本に帰るときにできるかどうかわからないけど(笑)
たまたま年末の掃除のときにレンジフードをやっておいたのは本当に良かった。あれがなかったと思うと・・・・ううっ、胃が・・・・
あ、あと、本が多くてこの機会に処分もしたいと思っている人は、早めにブックオフの集荷買取をお願いしておくか、図書館に寄付してしまうといいと思います。
-------------
この辺は計画的なみなさんなら大丈夫なのかもしれませんけど、絶対予期せぬことが起こると思うんだよなー。
わたしの場合、雪が降って引越し屋さんが来るのが遅れて、午後一くらいには終わると思ってた引越し作業が17時までかかってしまったり、先に空港に送ったスーツケースが壊れたという連絡が来て、買いなおさなきゃいけなくなったり、やっぱり雪のせいでごみ収集車がこない、とかね。
ううっ、思い出すだけで胃が・・・・
次回はお掃除、片付け編に続きます。
たぶん・・・・

-----

(追記)
と続編を匂わせましたが、こちらのエントリでわたしごときのノウハウはまとまっているので、これで終了して前を向きたいと思います(笑)

2013年1月19日 (土)

反省だらけの引越し ~荷物の仕分け編~

時差ぼけーーーーーーー(涙)

悪夢で3時半に目が覚めて、そこから眠れなくなってしまったのでブログ書こう!と腹をくくりました。
あ、おはようございます。NYは朝の5時すぎです。
悪夢というのは、まだわたしが日本にいて、もう1度NYへの引越しをするというもの・・・・
ぱっちり目が覚めちゃうくらい、絶対にいやだ!!!
あと3年は勘弁してほしい。。。。と思うくらい、悲惨な体験でした(白目)
ということで、慣れた方たちからみたら全然大したことない上に、またもや実用的なエントリーで無味乾燥だし、こんなものは求められていないということは重々承知だけど、反省も踏まえたわたしなりの海外引越しのTips~荷物の仕分け編~を残しておこうと思う。

よく言われるとおり、海外引越しには船便とか航空便とかを駆使するわけですが、どうもあの辺の説明がツリー構造になっているものが見つからなかったので、ちょっと整理するとこんなかんじ。

----------------

1.海外に持っていくもの
 1-1 自分で運ぶもの
    1-1-a 飛行機の手荷物・・・・(1)
    1-1-b 飛行機の預け荷物・・・・(2)
 1-2 送るもの
    1-2-a 航空便・・・・(3)
    1-2-b 船便・・・・(4)

2.国内に置いていくもの
 2-1 人に送るもの
    2-1-a 行き先1(例:自分の実家)
    2-1-b 行き先2(例:配偶者の実家)
    2-1-c 行き先3 
 2-2 倉庫に入れるもの


----------------

まず、海外に持っていくもの。
(1)から(4)を見ると、数字が少ない順に、すぐに使えます。
(2)であっても、最悪ロストバゲッジとかで到着まで数日かかる可能性があるので。
(完全になくなった、って人は今のところ聞いたことないです)
つまり、すぐ必要なものはなるべく(1)にしたほうがよくて、注意深い人は、数日分の着替えも(1)にするかもしれないです。
(え?わたし?なくなったら買えばいいかなと思って・・・・)

が、
(1)はスーツケースの大きさ制限があるし、
(2)も重さの制限があるので、
(3)と(4)を駆使する必要がある。
さらに、わたしのように、
(3)は重さの制限、
(4)は体積の制限
とかがある人もいるかもしれません。
なので、これまた当たり前なのですが、冷静に考えると、

手順1.(1)で入らなかったものを(2)に入れる
手順2.(2)で入らなかったものを(3)に入れる
手順3.(3)で入らなかったものを(4)に入れる
手順4.(4)でも厳しいものは国内に置いていく
手順5.国内に置いていくものを人の家に送るか、倉庫に送るか決める

という順番で荷物を考えるといいんですよね。
(引越し前にばたばたして、ここまでちゃんと考えられなくなったのが我ながら恥ずかしい&怖い・・・・)
しかしここで、

(2)の預け荷物と(3)の航空便は扱いが雑なので、
壊れ物は(1)と(4)にする、

という必要性を忘れてはいけない!

うちの夫は、以前イギリスに行ったときにMac miniを(2)に入れて、まんまと数ヵ月後に壊れたという実績があります。(いや、因果関係わかんないけど・・・・)
となると、PCとかの精密機器は(1)か(4)かの2択になります。
それぞれに何を入れるべきか、というのはよくある一覧を見ていただければいいですが、わたしの場合はこんなかんじでした。


(1)飛行機の手荷物
:VISA関連書類、パスポート、お財布、ドル、ラップトップ、ガイドブック、飛行機の中で使う化粧品
(2)飛行機の預け荷物:スーツ、洋服、アメリカに着いてからすぐ必要な書類、1,2週間分化粧品
(3)航空便:季節の洋服、化粧品のストック、すぐ読みたい本
(4)船便:炊飯器やプリンター、HDDなどの電化製品、季節外の洋服、持っていきたい本
ちなみに、さらっとガイドブックを(1)に入れてますが、ウフフ・・・・うっかり(3)に入れちゃってね、未だにNYのことがよくわからないのよね・・・・(白目)
うおー、あと2時間で引越しやさん来る!飛行機の手荷物多すぎる!どうしよう!!っていっぱいいっぱいになってくると、こういう過ちをやりがち・・・・ということにしていいすか。
引越しで家を引き払う!となると、出てくるわけです。
最後までこいつどうしよう、捨てたくないし、でも預けるまでもないし・・・・というものが!
わたしはね、大量に集めたカエルグッズがね・・・・しかも、あまりに小物すぎて引越し業者さんが見落としてたりね・・・・で、それを(1)とか(2)に入れざるを得なくなったりね・・・・(白目)


結論:趣味のこまごました癒しグッズはもう買わない。


うう、他にも書きたいことがあるのに、すっかり長くなってしまった。
次回以降に続きます!!

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

新しいブログへのリンク