« 2013年4月21日 - 2013年4月27日 | トップページ | 2013年5月12日 - 2013年5月18日 »

2013年4月28日 - 2013年5月4日

2013年5月 2日 (木)

SSN+労働許可証+仕事を手に入れた!

・・・・のである。夫が。
しかも、すべて、一気に。

・・・・・・・・
書いてみて、改めて耳の奥にドラクエのレベルアップの音楽が3回くらい高らかに響いた
はぐれメタル倒したみたいな状態である。
元ネタわからない人、ごめんなさい。


【SSNを入手】

先々週末、やっとこ夫のSSNと労働許可証が家に送られてきた。
過去の記事を読むと、2月6日に申請しているので、はや2か月半!長かった。
ちなみにわたしのSSNは1週間弱で手に入れていて、夫の分だけが2か月半もかかったのである。
夫が入手したSSNカードにも、わたしのものと同じく「働いてもいいよ」的なことが書かれているので、労働許可を待って発行したからこんなに時間がかかったものと考えられる。


【仕事を発見】
そのSSNが送られてきたその日のこと。夫が、
「いい求人があるから、レジュメ送らなきゃー」
とか言っている。
その求人がこんな仕事あるのか、ってくらい、ニッチで、これまた超ニッチな夫のqualificationにぴったり一致しているのである・・・・
以前作った英文レジュメをちょっと直してメール送信。


【そして採用へ・・・・】
メールを送った翌日、さっそく面接をしましょう、という連絡。
面接後の夫は落ち着きはらっていて、
「まあ自分よりあの業界に詳しい人がいなきゃ大丈夫じゃないかなあー」
などと余裕の構えである。
『Lean In』でシェリルさんが言っていた、
「男性の方が女性より自分の能力を客観視できる。女性は必要以上に自分を過小評価する」
という言葉の意味がわかったりした。(以前の記事
そして、予想通りというか、数日後、無事採用!

・・・・・・・・


以上、回想おわり。
新卒以来、ずーっと今の会社にいて、離職とか転職とか職探しにびくびくしているわたしは、夫の仕事をつかむ力というか、引きの強さにぽかーんとするのみである。


というなりゆきで、先週から久々の共働き状態である。
改めてだけど、いいところ、つらいところをまとめておこうと思う。


【共働きのいいところ】

(1)収入増・リスクヘッジ

やっぱり妻側の一馬力は不安になる部分もたくさんある。
子供ほしいような気もするけど、いや今子供できたら無収入だよ我が家!みたいなところが一番である。
でも、一時的にどちらかが仕事を離れられる、という選択肢は、突然の病気とかのリスク回避にもなるし、人生を考える上でも、あった方がいいと思う。


(2)自由度アップ・心の余裕
これは収入増によるものが大きいけど、可処分所得が上がって、一馬力時代よりも趣味に多くお金が使えることはうれしいし、働く活力にもなるなあ。
二馬力から一馬力になったとき、最初はお金の関係の引き締めがほんとに大変だった。(遠い目)
ああ、わたし、貯金できない人の典型かもしれない。気をつけよう。


(3)周囲の雑音対策

専業主夫家庭のよくある質問として、
「旦那さん、家で何してるの?」
というものがある。
お掃除とか洗濯とかご飯作ったりだとか、とか答えると、9割くらいの確率で、相手は「へえええええ」と感心してるのか、呆れてるのかわからない反応をする。
これ、「奥さん何してるの?」ってFAQはないような気がするので、なんかやっぱり男女の差を感じるんだよなーー。
世の中には、男女に関する伝統的価値観が無意識にまでべとーーーっとこびりついている人がいるので、そういう人の無邪気な質問にいちいちむっとしないですむようになる。



【共働きのつらいところ】

(1)家事の公平な分担

なかなかどうして、家事ってうまく分担できないのである。
うちは子供がいないのにこんなんだったら、お子さんいらっしゃるおうちはもっと大変なんだろうなあ!
とりあえず、ルンバさんを買ったので、掃除は21世紀の技術にせっせとがんばってもらう。

ご飯は、シャトルシェフやらストウブやらを使って、ほっといてもできるものを作る。
お豆の料理とか、スープとかはおいしいし、野菜もたっぷり食べれるし、腹持ちするしよい。
シャトルシェフをご存知ではない方はこちら。

THERMOS 真空保温調理器シャトルシェフ 3.0L ステンレスブラック KBA-3001 SBK (amazon)

これはほんとに共働きの友!!
お洗濯だけはどうにもならない。家に洗濯機ないし。
とりあえず、朝早起きしてお洗濯に行ってみる試行期間中である。


(2)外食の増加≒体重の増加
やっぱり仕事で疲れると、「ごはん作るのめんどくさいよね・・・・」となりがち。
さらに収入が増えてるし!
ニューヨークはデリのお店もたくさんあるし、最近ではオンラインで注文して配達してくれるSeamlessみたいなサービスもあるし、作らなくてもなんとかはなる。
しかし、やっぱりお金がかかるし、同時に体重の増加も懸念される。
1週間分の献立とか作ったら解決するのかなあ。ううむ。


(3)コミュニケーション不足
幸いふたりとも土日休みの仕事なのに、わたしが11連勤(記録更新中)したりしていると、やっぱり疲れて会話がなくなるというか、心がささくれだってて、ちょっとしたことで相手を責めたりしてしまう。(※我が家の場合はほぼ一方的にわたしが攻撃側です)
両方こういう状態に追い込まれたら怖いなあ、という気はするので、程よく自分を甘やかしながら仕事をしたいなあ、と思ったのであった。
ちなみにわたしの自分を甘やかすアイテムは、アイス、ちょっといいお茶、入浴剤の3点である。安上がりな女である。


【まとめと今後の展望】

これまでSSNを持っていなかった夫を、

「オマケビザ(=配偶者ビザ)だもんねー!離婚したらいつでも強制送還になるねーぷぷぷー」

と虐げる遊びをしていたわたし。

しかし。
今や、彼はPhoto IDとして使える労働許可証を持っているので、わたしの方が、
「あれ~?Photo IDないんですか~?ぷぷぷーー」
と言われる始末である・・・・

この前のスカパラのライブのときにも、夫は、ささっと労働許可証を見せて入っていいよーと言われていたのに、わたしはIDを持っていなくて、夫に「She is my wife」と入口の警備員さんを説得してもらったのであった。


この体たらく・・・・どちらがオマケかわからないではないか!!


Photo IDがパスポートだけってつらいのよね・・・・
一刻も早く運転免許を取って、この差を解消しなくてはなるまいと心のうちで闘志を燃やすわたしであった。


【最後に】

事務処理系の過去の参考エントリーどうぞ。

申請に行ったとき:『SSN申請の洗礼
SSNを手に入れたとき:『SSN最短所要時間選手権にエントリー!

2013年4月29日 (月)

東京スカパラダイスオーケストラ in NYC!!!

最近、英語環境にどぼんと放り込まれる仕事があって、なんだかへろへろであった。

何がへろへろにさせるかって、仕事関係で初めて会う人に、

「Hi! Nice to meet you, I'm...」

と、英語なテンション最高で挨拶する瞬間って余裕で50くらい血圧上がってるかんじがする。


こんなのを続けていたら脳みその血管が切れてしまいそうである。
わびさびの国から来たんですよ、わたし。いとをかし。いとあはれ、ですよ。
ああ、日本語に触れたい・・・・

無意識に癒しを求めて、フリーの日本語情報誌をかき集め、ぼんやり眺めていたところ、

20130429t211532_5

スカパラが、ニューヨークに、来るだとーーーー!!!

テンションは一気に英語の「ハァイ!」なんて目じゃないくらいに急上昇!!
それは行かねばなるまい。何があろうとも!

と気づいたのが2日前。運よくチケットを買えたので、行ってきた。
11Aveという最果て感満載の元倉庫?といった趣の場所である。(写真はない)
入口でIDチェックをされて、「21歳以上」のリストバンドを巻かれて、さあ、中へ!

癒しが必要な突発性高血圧患者のわたしは上の階から見ることに。

20130429t211532_1



上の階はなんというか、銀座のクラブ的な椅子が並んでいて、ゆっくり見られそうな雰囲気。
バーカウンターもあるし。

そして、お目当てのスカパラ登場!!!!

20130429t211532_3



うぎゃーーー、メンバーを覗き込むような角度である!!
直線距離にしたら!!すごい近い!!
音響的にはあまりよくない場所だったのかもしれないけど、メンバーの細かい指使いや呼吸も伝わってくるかんじである。
血圧急上昇!!!鼻血でそう!!!

20130429t211532_4

眼下にはノリノリの人々。
高いところから失礼しているわたしは、「見ろ!人が○○のようだ!」とムスカ様気分。
押し合いへし合いのホール、最後には上半身裸の人もいる始末。残念ながら全員男性でしたけど。
たくさんの人たちが同じ音楽を身体中で受け止めて、にこにこしている空間は非常にいいものであった。


翌朝、つまり今朝。
前日の高血圧の反動か、酸欠・貧血気味の身体をひきずって仕事へ行くことに。
ああ、昔はホールの方ではしゃいでも平気で仕事に行けていたのに。あれが、若さか・・・・

と20代の頃に想いを寄せていたところ、ふと気が付いた。

わたし、現在8連勤中じゃん。

なーんだ、貧血っていうか疲れてるだけか。
連勤記録が早く途切れることを祈りつつ、せっせとチョコレートで疲労回復を図る月曜日なのだった。

« 2013年4月21日 - 2013年4月27日 | トップページ | 2013年5月12日 - 2013年5月18日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

新しいブログへのリンク